締めくくりは渉成園に

極寒のため円山公園での滞在時間が思ったより短く(笑)ちょっぴり余裕ができたので渉成園へ。
一押しは傍花閣(ぼうかかく)前の修善寺寒桜とのことでしたが、さすがに終わりであわれな姿でした。
枝垂れ、紅枝垂れ、山桜とそれなりに咲いておりましたが、目を引いたのはこの赤葉過ぎる山桜。葉の赤さもさることながら、葉の量がとても多くてなんか不思議な感じ。
花付きがよくないのかなぁ、普通の山桜とは違うような感じがしたんだよなぁ。

来月も来られるかなぁ…

ありがとう円山公園

おそらくいつもの年の1/100というか1/1000というか、枝垂れ満載の円山公園、堪能させていただきました。
なにしろいもぼうだって左阿弥だって遠くから見通せるのです。
はじめてここで食事をしてみたいなと思わせてくれました。二度とそんな機会はないようなので寄ってみようかと思いお店の入口でメニューを眺めてはみたものの、この日は極寒でどうにも会席な気分にはなれず、鍋焼きうどんとかラーメンとかが頭から離れません。
結局、こじゃれた中華屋でネギそばと桜エビの春巻き(笑)

いまひとつ白峯神社

取って付けた感が満載の神社。
もうちょっと神々しくあってほしかったのに。
なぜかスポーツの神様なんだって、で、この左近の桜も撫子なんだけど、その偶然に驚きを禁じえませんだって、わざわざこの下の看板があって書いてあった(笑)
どうよ?

院ではない報恩寺

何もない寺であった。
確認してみると鳴虎やら黒田長政やら観世流やらそれなりなのだが、なんか雑。
ここら辺、裏千家の本拠地で街並みもなんか端正なのに、ここだけちょっと…

めっけもの本法寺

火水天満宮からブラブラと大通りを避けて白峯神社まで歩くことにした。
ここら辺は、小さなお寺がたくさんあるんだけど無理はせず、通りすがりのみ。
でも町全体が掃き清められてるというか、清々しく好みのタイプ。
ここ本法寺も桜は普通だけど、なんかよし。
この同志社の裏のあたり何か大きいのがあったのかなぁ、寺町っぽいんだよなぁ。
と思ってちょっと調べたら、寺は度々流転の末ここに。だが、ここに置かれるにあたって本阿弥光悦が伽藍配置に尽力したと。
なーるほど、なんかいいんですよ。