今年が最後かなぁ

遺伝研です。
相変わらずお見事ですが、今日は寒~い!
そしてなにより、首が、肩が、腕が、つらい!
見学する人が年々増えたせいだと思うのですが、下側の枝が伐採されているものが多く、見上げっぱなしです。
もう、無理です身体が(笑)

P1010746
チョウジザクラですよ。
photo

2012年開幕!

いつまでもいつまでも寒くて、東京の開花宣言は出たものの、動く気にならないっ~。4/1の日立中央研究所、特別公開も「どーせたいして咲いてないんだろうな…」とパスする始末。

でも遺伝研と聞いちゃ、重い腰も上がりますよ。過去、開花が早い年ばっかりだったので、このタイミングで見られるのはうれしいかも。

早起きして、9:03東京駅発の新幹線で出かけました。

バス乗り場は、新幹線口の目の前なので、さっさと並んだ私は苦痛なくバスに乗れましたが、後ろを振り返れば長蛇の列。後から来たみわっちは、20分くらい並んだそうです。遺伝研に到着したのは10時過ぎ、すでにすごい人です。クラブツ-リズムやらJTBやらツアーまででてる模様。すごい人気ですなぁ…。

うれしかったのは、ガイドブックが改定になり見やすくなったこと。通し番号順になってくれたのでありがたい。私は自力で番号順に並べ替えたリストを持参したのだが、なんだよーやればできるんじゃん!もっと早くやってくれよー!

 

早い時期なので、咲いてる種類は少ないが、おかげで間に合った「丁字桜」

 

華やかなところで「火打谷菊桜」

 

この時期でもすでに終わってしまっっていた支那実桜、いったいいつ咲くのであろう…などと思いはいろいろ。こんなに花の少ない時期でも所要時間3時間半。やっぱり万全の対策が必要な聖地である。

 

なぜ時間を気にしているかと言うと、今日は強行軍。

このあと、東京へ戻って舎人公園へ行くのだ。桜祭りで花火が上がるのだ!悩んだ末、強行突破となりました。

2回目の

2回目の遺伝研。
時期が同じなのはなぁ。

でも、要領は少し良くなりました(笑)

写真はあいかわらずボケボケだがな。

目覚め

思えばこれがサクラへの目覚めの旅か。
初、遺伝研。

この頃は、他に知らないからうっとりしたもんだ。
いや、今でもうっとりだが(笑)

このころ好きだった 薄重大島 今見ると脈が… 
000-usugasane