一度で十分…

ついでに、私の流儀ではないけれど、枝垂れの一本桜を確認に。
紹太寺の枝垂れです。
小田原から箱根登山鉄道、入生田駅イリュウダと読みます。

ほしたらほら、駅にも

P1000243


かわいげなオカメタイプの枝垂れちゃんが。雰囲気よろし。

とことこ歩いて、紹太寺はすぐそこでした。
だが、目指す枝垂れははるか山の中腹。
駅からの道々に200mだの20分だの案内板が出ていて、どうして200mに20分もかかるんだ?

かかります。
すげー階段です。
二度と来ることはないでしょう(笑)

P1000232


はい、これ糸桜系のはかない色、好きです。
でも、もういいです…
photo

いいかんじです

駅に戻る道すがら、あーら立派な大島桜が満開でございます。
誰もいません(笑)
ここでいいんじゃないのお花見は。
鴨宮駅前公園。
町内の小さな公園ですけど、駅からすぐです。

P1000225

うらやましいなぁ

行ってみました、小田原印刷局特別公開。
P1000200


いいよなぁ、ぎりぎりまで伸びてる枝も伐採されないから、すんごく近いところに桜がいる(笑)
桜と肩を並べてお弁当が食べられる。
全体的にはまだ6分咲きくらいというのも影響してか、空いてます。
午後からのこのこ繰り出した私たちでも、お花の下にシートを広げられました。
小田原だし、構内禁酒だし、みんなで宴会ってわけにはいかないのだが、
近所の住人は心得たもので、工場の外周りでシートを広げる。
花もたっぷり、なによりそこなら酒も飲めるしタバコも吸える、カセットコンロも使用可!
うらやましいぜ小田原は鴨宮の住人よ!

印刷局=造幣局、でもね大阪や広島とはちがいますのよ、オカメちっくな枝垂れが5本ある以外はすべてソメイヨシノでございました。
でも、そのどれもが樹齢50年を超えそうな巨木でありながら元気です。
立派です。見応えがあります。

人の少なさ、木の立派さ、枝の近さ、関東随一のお花見スポットではないでしょうか。