もっと暖かい都市農業

そのまま都市農業へ、車って素敵!
そしたら、西新井はもっと暖かかった!
普賢象はまだだげど、御衣黄は咲いてました。
マノガ、北斎、ワビヒトの御三家も咲き誇っておりました。
ワビヒトって、前も見たわりには勝手にもっと可憐なイメージ(名前が悪いやね)だったのに、薄手の関山みたいでいやだった。
おかげで最初ワビヒトないじゃん!と関山と間違えてスルーしていた(笑)

お見事な八重紫!

御三家揃い踏み

駆け足で都市農業へ。
がんばった甲斐あり、御三家が揃っておった!

ワビヒト

ワビヒト

マノガ

マノガ

北斎

北斎

関山がちょうど盛りで、数も多いので関山祭りな感じ(笑)
他は、ちょっと遅かったかな、ピンクが濃くなっているのが多かった。
でもいいよ、御三家揃ってるの初めてかもよ。

晴れたら行く

ほんとに晴れが続かない。
あの20日の祭日頃がお花見の最高峰だったようだ。あれ以降、週末になると天気が悪くなって…私はいいけどさ。
そんなわけで、また明日から天気が悪いらしいので、行くぞ!

枝垂れ、染井は終わりで一葉はまだ、という合間の時期で開花している花は少ない。
北斎とワビヒトもまだだった。
でも、マノガは絶好調でした。
園内の木より入り口前の道路沿いの木のほうが開花が早いのか、満開!
来たかいがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

意外とピンクが濃いです。
いやらしくなるか微妙なボーダー上です。

都市農業公園

あんまり期待してなかったのだが、なかなかどうして、桜がいっぱい。

染井は終了。遅咲きが始まっている状態。

ここは“荒川堤の五色”に命を賭けていて、それは見事でちょっとしつこいほど(笑) でもがんばってるぜ。ここの会員たちは、今アメリカへ遠征中なのだ、と聞けば、どんなに力が入っているかわかるであろう。

ここにしかないかもと思える3種。北斎、マノガ、ワビヒト。北斎とワビヒトはまだ蕾で残念。

それにしても“マノガ”って?アマノガワじゃねぇの?なんて思いましたけど、これです。

 

 

 

 

 

 

 

 

アマノガワじゃないようです。

北斎とワビヒトも見てみたいものです。

今週末かなぁ。

公園を出て土手をかなり歩いたところに、“さくら堤”というものもあります。種類はほとんどかわりません。こっちには北斎とマノガはありません。ワビヒトは2本ありました。

それにしても、鬱金と御衣黄は大盤振る舞いです。最近、やたらに多いような気がします。他のと違って目立つので、ちょっとお腹いっぱいになります。