しょぼい…

南牧村へのほおづき狩りのついでに、城峯公園に寄ってみた。
冬桜と紅葉!が売りのその公園の冬桜、あまりにもしょぼかった。
咲いてはいますけど、わざわざ見に行く話ではないのだなぁ
三波石峡という景勝地のそばにあるので、たぶーん三波川なんだと思うのだけど、誰もそのことには言及せず、なんだか宝の持ち腐れ状態。
まぁ、三波川帯という中央構造帯であり、群馬なんだか埼玉なんだか、
神川(かみかわ)町に流れる神流(かんな)川沿いであって、三波川ではないという大変にややこしい(笑)
公園は埼玉県であった。



番外編-蓮-:古代蓮の里

番外ではあるが、とても美しいので記録として古代蓮の里を記録。
埼玉、行田にある古代蓮の里。
古代蓮とは、大賀蓮とはまた違う、行田で発見された古代の蓮なんですと。
まぁそれだけならば、ふぅ~んってかんじなんだけど、ここはそれ以外に42種もの蓮が見られるってことで、スーパー早起きで行ってきました。




確認終了、長瀞通り抜け

どんなもんなんだい?長瀞の通り抜け。
まぁ想像どおりでした。
多摩森林の1/4くらいの規模かな、ゆっくりまわって小一時間。
マップもくれたりするし名札もあるのだけれど、なんか信頼感にかける(笑)
そして「渦桜」と言いきっている木がやたら多いのだが、それが本当ならこんなに渦桜が集まっているところは他にはない、渦の名所なのか?
でも、どうして?どこ由来?
と、質問できる相手は見当たらなかった。

たくさんあります渦桜

調子に乗って長瀞まで!

とうとう長瀞まで行けました!
あーありがたや足girl!

長瀞通り抜けがメインだけど、せっかくだから大手桜と法善寺もチェック。
大手桜はエドヒガンで町内的に大切なのはわからないでもないが、町民以外にはあまりありがたみはない一本桜。
もちろんすでに終了であった。
そんなスタートだったのであまり期待していなかった法善寺の枝垂れ。
なかなかよかった。
メインの枝垂れはもう終わっていたけれど、八重の最期がいくつか残っていた。
盛りの頃ならさぞお見事であっただろうな。

暖かいんだよ安行

外環と首都高川口線に挟まれた花と緑。
なんか風が抜けないんです。だから暖かいんだと思います。
13日の厚木がソメイ満開!だったので、ここらもそんなもんと思っていたら、全然咲き進んでいました。
一葉、鬱金が満開です。普賢象、御衣黄はまもなく、といった頃合いでした。

鬱金満開!