念願のピクニック

南牧村の高級旅館にお泊まりし、朝っぱらから御衣黄を拝んだ後は、お弁当作り!
ワイワイしながら、おにぎりやらメロンのスタンバイやらあー忘れるな!ずんだ茶房のフロマージュ!!
お弁当の用意ができたところで、
「蕨とってきますか?」と楽しいアトラクションのお誘い!
なんて気の利く高級旅館(笑)
もちろん行きますとも!
あまりの急斜面に一同「ママはそこで待っていて」(笑)
お言葉通り、周りの山を見渡しながら、機嫌良く皆様をお待ちしておりました。
みんなが取ってくれた蕨を車に積んで、行くぞー。



こないだも来た下仁田のさくらの里で、遅咲きの桜の下でピクニック。
これですよ、これ!
なんて贅沢な空間。
こんなお花見ができるなんて、あぁ、幸せ。

お見事!

そしてやっぱり再び南牧村(笑)
筑波の後、そのまま車で南牧入。
翌朝、さっそく隣の桜の園を観察。
すごいよね。朝起きて顔も洗わず部屋の窓からサンダル履いて御衣黄が確認できる。
どんなに高級な旅館にも、こんなサービスはできません。
もうお亡くなりになってしまったのだが、地主のおじいちゃんありがとう!
引継いだ息子さん、存続をどうぞよろしくお願いします!

いーじゃないの

南牧村にお泊まりした翌日は、下仁田のさくらの里へ。
どんなもんだかねえ?
林業試験場とは同じなのか違うのかよくわからないが、群馬県森林・緑整備基金という財団法人の管理です。
結果、ありがとうございます(笑)



妙義山をバックにすんごい景色の中、基本の各種が植えられています。
特に珍しいものはないけれど、ちゃんと名札が付けられて、ここいらの隊員はここで学習できます。
標高もかなりな故、まだ大寒桜が残っていたりして、見事にピンクのグラデーションを作り上げていました。




佐野桜の林が印象的でした。
関山すらまだ蕾のここでは、まだまだこれから楽しめそうです。
ってなわけで、まんまと興味をかき立てられた現地特派員に遅咲きの素晴らしい面々を紹介するためにも、
「また来る?」
「もともとの予定日に、また来る?」
「ちょうどいいんじゃね?」
という話になっているんだな(笑)

いざ、南牧へ

昨年春に友人が群馬県の南牧村へ引っ越した。
山奥の村である。
限界集落とか古民家とかやばいんだか素敵なんだかわからない村なのだが、それとは関係なくアパートの横が桃源郷なのである。
昨年、引っ越したばかりの時に写真が送られ、それはぜひ確認せねばと一年間企画を温めておった。
年明けて計画したときには、今年の冬は寒いからね~、昨年4/15くらいなら今年は4/20くらいかね~、なんて言って皆休みを調整していたのだが、間に合わん!
一週間どころか2週間繰り上げて急ぎ駆けつける。



見よ、ソメイは終わってしまったが、亡くなった地主の爺様が「いろんな種類植えてあるからね」と語っていたというとおり、すんばらしいのである。
写真では全体像が収まってないが、右手アパートの後の斜面にも各種植えられている。
昔は葡萄を植えていたそうで、ナイス日当たり。
左の低い斜面には一面水仙も植えられて、まぁ可愛い。
見とれて写真が撮れていないのがなんですが…
畑に入ってみれば、白妙や御衣黄まで植えられておる!しかも元気!
にわかに現地特派員にレクチャーをして、見張りを続けることを約束させた(笑)
現地特派員からの御衣黄開花の報告を心待ちにしておるぞ!

山に囲まれているわけであるからして、山桜も期待しましたがね、本気の岩盤なのでどうやら桜が根付くのは大変らしい。
ちらほらはあるのだけれど、わーいとはなれないようです。時々みかけるのも薄い色のばかりでオオヤマザクラとかはこの辺にはないようだった。
代わりにミツバツツジががんばっていたよ。あっちこっちにへばりついて咲いていた、がんばってる。

行けた!アンディ&ウィリアム

長瀞の通り抜けが予想通り早く済んだので(笑)足を延ばしました、ジョイフルホンダ新田店。
本来桜のチームではないけれど、幸い桜もあったので(笑)

始めた頃から何年たったのだろう、すごく充実してました。
手が届いてないところもあるけれど、最初の頃の「作りました~!」という感じはなくなって充実した素敵な庭になってました。
広大ではないけれど、むしろだから住みたいよねこんなところって思える状態です。
アンディ&ウィリアムが今もいるとは思えないけど、花の組合せはおしゃれなイングリッシュガーデンです。
七つ洞と水戸植物園のおしゃれなとこだけ凝縮した感じかな。
チューリップ祭りでそれはそれはいろいろなチューリップが植えられておりましたが、それをジョイフルで買えるわけではない。
どういう形態なんだろうなぁとちと不思議な気持ちになりました。

天の川も外人に言わせりゃ「プルナス エレクタ」

今年の春はこれで終了かなぁ…GWどっか行くかなぁ…