中途半端です高尾さくら公園

あまり期待はしていなかった高尾さくら公園。
タクシーで到着した時は「これだけ?」と思ったけど、ちょっと歩き出したらけっこうな敷地があって、よかった。

日本各地から寄贈されたらしい各種が、名札とともに植えられているのはとてもいい感じなのだが、
寄贈されたもの以外の分類がひどい。
「しだれざくら」に「やえざくら」だよ。
指定管理者「矢口造園」さん、もう少し勉強してもらえないものだろうか?
公園だからなのか、人の頭ぐらいより下に延びる枝はすべてばっさり切られている。
育ちに影響はないのか?なにより少し育つと高い位置にしか花がなくて見られない。
ただただピンクを楽しむためならば、名札もいらないし各地からの珍しい種類の寄贈もいらないじゃないか。
市役所の誰一人として指摘しなかったのであろうか?
だとすれば、桜を中心に町作りなんて無理ですけど。
悲しいお役所仕事ですねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

貧相な花付きのものが多いイメージのコブクサクラ。
ここのは見事です!